夏の思い出 プールデビュー①

8月は風邪でほぼ全滅だったけれど、

7月はなんとか夏を満喫出来たちなつかあさん家。

7月は子どもが産まれてから初めて

「私が」プールデビューをしました。

なぜ「私が」プールデビューなのかというと・・・。

三頭身ビア樽体型妊娠出産で横に巨大化

のよーな事情で、

プールに行くこと自体今まで頭になかったから。

しかも、

プールではほぼ100%足がつる。

足がつっている絵

そんなワケでプールには行っていなかったのだけれど。

でも、やっぱり私も(立派な?)親なのか、

自分の恥より子どもたちの笑顔

という意識が芽生え始め、

そうだ、プールに行こう

という一大決心に至ったのでした。

そこで、はて!? ふと気づく。

水着はどうすると焦るかあさん

水着なんて持っていないし、

着る自信もない。

でも。

時代は変わっていた。

今はオバサン&ふくよかな人類の救世主のような

『タンキニ』なる水着がたくさん売っているではないか!

悩めるふくよかな人類の救世主タンキニ

自分でも着られる水着があるんだって

ホッとしながら売り場を散策。

が、しかし。

売り場で水着のサイズがなくて焦るかあさんの絵

そこで、

一気にテンションが下がりまくり、

自分が着られる水着はないのでは、

と焦り始める。

そして、その後も売り場をひたすら徘徊。

結局、

『デザインよりもとにかく水着に身体が

入ればよい』という悲しい理由でタンキニを選び、

ようやくプールデビューの準備が整ったのでした。

■■ おまけ ■■

タンキニなるものを初めて知ったちなつかあさんは、

急に

タンキニってプール側にも認識されているのか

などと心配になり、

プール施設にタンキニでプールに入れるかの問い合わせをしてみたりしたのでした。

もちろん、答えは、

タンキニは大丈夫ですよ

でした。

って、当たり前か(恥)。

スポンサーリンク